臨時休業のお知らせ 2017年9月9日(土) - 2017年9月12日(火) 左記期間は休業致します。2017年9月13日(水 )から営業いたします。
期間内のご注文、お問い合わせは、翌営業日より順次手配いたします。ご了承下さい。

howto

ワンちゃんのハウスについて

ワンちゃんのハウスについて
小さな家族であるワンちゃんと室内犬として一緒に暮らすなら、ワンちゃんの居場所となるハウスが必要になります。こちらでは、そのワンちゃんのハウスについてご説明します。
ハウスの種類とは
一口にハウスといっても、ハウスにはいくつかのタイプがあります。 ワンちゃんのハウスについて

【ケージタイプ】

ケージタイプは、天井から側面、床などの上下左右すべてが囲われているタイプです。ペットホテルや動物病院などでも使用されているタイプで、しっかりとしたつくりをしています。そのため、上にものを乗せて棚として使うこともできますし、地震などで物が落ちてきても余程のものでなければ壊れないというメリットもあります。また、四方が囲まれていることから、安心して休むことのできるワンちゃんも多いです。

【サークルタイプ】

サークルタイプは、側面のみを囲うというタイプです。天井がないことから、開放感があり、サークル内のものを出し入れするのも簡単です。トイレやベッドを一緒に入れて置けるので、留守番の多いワンちゃんにおすすめになります。広さのあるものを選べば、自由に動き回れるスペースも取れるため、飼い主さんから人気のあるタイプでもあります。

【ゲートタイプ】

ゲートタイプは、部屋のつくりを利用して仕切りをつくり、ハウスをつくるタイプになります。部屋の角をワンちゃんのハウスにしたり、仕切りで行動できる範囲を制限することができます。ケージやサークルと併用することも可能なので、ワンちゃん専用の空間や部屋をつくりたいというときにもおすすめです。

ハウスは可哀想なもの?

「室内犬であれば、ハウスは必要ない」、「ハウスは可哀想」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、ハウスが可哀想なものというのは少し違います。ハウスは、ワンちゃんが安心してくつろぐことのできる居心地の良い場所なのです。 もともと、の祖先である狼は、土に穴を掘って巣をつくり暮らしていました。その名残で、ワンちゃんは本能的に穴倉のような巣を求めています。ハウスは、ワンちゃんの巣の代わりになる場所なのです。そうして、ハウスという安心して暮らせる場所を手に入れたワンちゃんは、落ち着いた性格になっていくともいわれています。
ワンちゃんのハウスについて、簡単にご説明しました。

サイズと個性にあったサークルを
犬種別のサイズ分類はあくまでも参考となるものです。小型犬の犬種でも実際には中型犬サイズのワンちゃんもたくさんいます。例えば、犬のサークルをご購入頂く前に、ワンちゃんの健康診断も兼ねてかかりつけのペット病院などで測定するのも良い方法です。
また、犬種によってはジャンプ力があるもの、 実際に犬のサークルをご購入頂く際には、ワンちゃんが快適に過ごせるサイズをお選びください。
当店では
当店では、ワンちゃんが室内犬として快適に暮らせるケージやサークルなどを取り扱っております。 ワンちゃんにも飼い主さんにも優しい素材と、インテリアとしてのデザイン性、使いやすい機能性などのこだわりで、お部屋に馴染みやすくワンちゃんにも居心地の良い空間づくりをご提案しております。 使い方や組み合わせなど、気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ