夏季休業のお知らせ 2017年8月10日(木) - 2017年8月15日(火) 左記期間は休業致します。2017年8月16日(水 )から営業いたします。
期間内のご注文、お問い合わせは、翌営業日より順次手配いたします。ご了承下さい。

howto

犬のサークル購入で気になるサイズ

犬のサークル購入で気になるサイズ
犬のサークルだけでなく、ほとんどのペットフードやその他ペットグッズには「小型犬用」や「大型犬用」といった表記があります。しかし、そのサイズの違いがどのようにして決められているのか、意外に知られていないのではないでしょうか?

正式に定められているわけではない

ペットとして飼育されているワンちゃんは、犬種ごとに小型犬・中型犬・大型犬に分けることができます。犬のサークルをご購入頂く際にも参考にされる方は多いです。
しかし、このサイズは明確な基準として定められているわけではなく、犬種ごとの平均的な体重などで、ペット用品メーカーや団体ごとに独自の基準で定められています。

サイズ別犬種一覧(参考)

・小型犬…体重が10kg未満程度
アメリカン・コッカー・スパニエル、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、イタリアン・グレーハウンド、シー・ズー、シェットランド・シープドッグ、柴犬、パグ、ビーグル、フレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリア、ジャック・ラッセル・テリア、ヨークシャー・テリア、ミニチュア・シュナウザー、カニンヘン・ダックスフンド、ミニチュア・ダックスフンド、チワワ、トイ・プードル、パピヨン、ペキニーズ ポメラニアン、マルチーズ、ミニチュア・ピンシャー
・中型犬…体重10~20kg未満程度
イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ボーダー・コリー、スタンダード・ダックスフンド、紀州犬、甲斐犬
・大型犬…体重20kg以上
ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、ドーベルマン、アイリッシュ・セター、ボクサー、ジャーマン・シェパード、シベリアンハスキー、秋田犬、土佐犬、ダルメシアン、ラフ・コリー、ボルゾイ、グレート・デーン、グレートピレニーズ、マスティフ、バーニーズ・マウンテン・ドッグ
サイズと個性にあったサークルを
犬種別のサイズ分類はあくまでも参考となるものです。小型犬の犬種でも実際には中型犬サイズのワンちゃんもたくさんいます。例えば、犬のサークルをご購入頂く前に、ワンちゃんの健康診断も兼ねてかかりつけのペット病院などで測定するのも良い方法です。
また、犬種によってはジャンプ力があるもの、 実際に犬のサークルをご購入頂く際には、ワンちゃんが快適に過ごせるサイズをお選びください。

ページトップへ