臨時休業のお知らせ 2017年9月9日(土) - 2017年9月12日(火) 左記期間は休業致します。2017年9月13日(水 )から営業いたします。
期間内のご注文、お問い合わせは、翌営業日より順次手配いたします。ご了承下さい。

howto

ワンちゃんに上手に留守番をさせるコツ

ワンちゃんに上手に留守番をさせるコツ
いくらワンちゃんが可愛いといっても、1日中一緒にいるのは難しいものです。しかし、外出する度にワンちゃんが鳴いてしまっては近所迷惑にもなりかねません。そのため、留守番を上手にさせたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。ここでは、そのような飼い主さんに向けて、ワンちゃんに上手に留守番をさせるコツを解説します。

ご褒美を用意しましょう

ワンちゃんに対して特定の行動をさせるためには、何かしらの「快」、つまりはご褒美を与える必要があります。 そのご褒美は、ワンちゃんが好きなおやつでも良いですし、ワンちゃんが好きなおもちゃでも構いません。 また、留守番を終えた後には積極的なスキンシップを取るのも良いでしょう。こうしたご褒美を用意しておくと、ワンちゃんは留守番がとても上手になります。

留守番が始まる「合図」を作らないようにしましょう

外出する際ワンちゃんに対して声をかける人は多くいます。ですが、このように言葉をかけることがワンちゃんにとって留守番が始まる「合図」と予想させてしまうのです。この声を聞いた途端留守番が始まると考え、飼い主さんと離れたくないワンちゃんは落ち着きを無くしてしまいます。したがって外出をする際には、上記のような声かけ、要するに合図は作らないようにしましょう。
サークルやケージは楽しいところと認識させましょう
そして、ワンちゃんを上手に留守番させるためには、愛犬のサークルやケージは楽しいところと認識させることが大切です。普段から愛犬のサークルやケージを、「ここはあなたにとって楽しいところなのよ」と認識させれば、留守番をしている間もワンちゃんは大人しくサークルやゲージで過ごすことができます。
そのためには、別ページでもご紹介したように、快適な空間、かつ安全性が保たれている、そしてワンちゃんの欲求を満たすハウスであることが非常に重要となります。 このようにすればワンちゃんは上手に留守番をすることができますので、飼い主さんはぜひ上記のコツを実践してみてください。

ページトップへ